障害者雇用.net

障害者雇用の意義

今では一般的に浸透しているCSR(企業の社会的責任)という言葉。企業にとって利益を追求することも大変重要であるが、同時に企業の組織活動が社会に与える影響についても責任を持たなければいけない。そのような考え方が広まるにつれ、社会貢献活動を行っていくような企業も増えてきております。

その一つとして、本サイトでは障害者雇用に焦点をあてたいと思います。現在は法律でも障害者の雇用が義務付けられており、企業は一定割合の障害者を雇用する必要があります。働く場がなかった障害者の方に活躍する機会をもたらす障害者雇用は、社会貢献活動といえますね。

特に、障害者の方には労働意欲が高く、また、能力が高いにも関わらず、障害を持っているという理由だけで就労が困難な場合もあります。十分に能力が高い方に働く場が用意されていないことは社会的損失であることは明らかです。

さらに、働く場を得ることにより今まで国の保障によって生活していた場合、それも必要なくなります。保障は税金から出されるわけですから、障害者雇用が行われることにより、保障が必要なくなるという点でコストカットにもなります。しかも、雇用された障害者は今度は納税者になるわけです。

こういった面からも、障害者雇用を行うことは社会的意義が大きいことがわかるでしょう。

障害者雇用を進めるために

現在では障害者雇用を促進するために、一定割合の障害者雇用を法律が企業に義務付けています。ただし、社内体制の兼ね合いやノウハウの関係で障害者雇用をいきなり進めることが困難な場合もあるでしょう。

そのような場合は、特例子会社制度を活用することもできます。法律により一定割合の障害者雇用を企業は義務付けられておりますが、特例子会社においてなされた障害者雇用は、親会社における障害者雇用としてカウントすることができるのです。

この特例子会社制度を活用して障害者雇用を進めている企業は増えてきております。本サイトでは神奈川県にある特例子会社を紹介していきながら、障害者雇用に関して皆様に知ってもらいたいと考えております。

特例子会社を利用している企業としては障害者雇用を前面に出しているアイエスエフネットなどが挙げられますが、このような企業が今後さらに増えて、障害者雇用がより促進していくことを期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>